2017年度九州沖縄地区合同シンポジウム(開催予告)


2017年度九州沖縄地区合同シンポジウムとして下記が開催されますので、ご案内いたします。
ご参加のほど、宜しくお願いいたします。


「乱流混合と海洋環境」

共  催:一般社団法人水産海洋学会,日本海洋学会西南支部
日  時:2017年12月8日(金) 10:00~17:00(予定)
場  所:九州大学応用力学研究所 西棟W601号室 (春日市春日公園6-1)
コンビーナー:和方吉信(九大応力研),遠藤貴洋(九大応力研),山田東也(水研機構西水研)

基調講演:1~2題、40~50分程度
一般講演:8~10題、1題15~20分程度(講演者数により変更する場合があります)
参加登録料 : 無料

開催趣旨:
海洋生態系や水産資源変動,海洋汚染など,海洋環境に関わる問題を定量的に評価するためには,栄養塩や
汚染物質などの輸送過程を明らかにすることが必要不可欠である.潮流や海流など一般的な流動場がもたらす輸送につ
いては,計算機能力の著しい発達に伴う数値シミュレーションの高精度化,衛星海面高度計に代表されるリモートセン
シングやプロファイリングフロートによる現場観測の全球的な展開,そして両者を融合したデータ同化システムの実用
化により,天気予報のように海況予報が可能となりつつある.しかしながら,時空間スケールの小さな渦がもたらす乱
流混合過程は,流動場に深く関わる素過程のひとつであるにもかかわらず,格段に高精度化した数値モデルをもってし
ても表現することが難しく,観測結果を再現するためのパラメータとして組み込まれることが多いのが現状である。一
方,近年の計測技術の進展によって,乱流混合過程の観測事例が増えつつあるものの,乱流観測の長期間かつ広範囲の
展開が困難であることから,数値シミュレーションで用いるパラメータの妥当性を検証できるまでには至っていない.
そこで,今回の合同シンポジウムでは,このように未だ大きな不確定要素として残されている乱流混合,および,それ
が流動場ひいては海洋環境に及ぼす影響について,物理・化学・生物・水産に関する研究者が一堂に会し,それぞれの
観点から議論を提起して問題意識を共有することで,新たな研究の萌芽となる意見交換の場として役立つことを期待し
ている.



一般講演の募集要領
◇締 切:2017年9月25日(月)必着
◇必要事項:
  
講演題目,共著者を含む講演者所属・氏名,E-mailアドレス
 一般講演の採否結果は,9月末までに通知します.
◇申込先:〒816-8580 春日市春日公園6-1 九州大学応用力学研究所 和方吉信
  電話: 092-583-7240,FAX: 092-584-2570,E-mail: wakata@riam.kyushu-u.ac.jp


講演要旨
◇締 切:2017年11月17日(金)必着(送付先は講演申込先と同じ)
◇書 式:日本海洋学会の研究発表大会時の講演要旨に準ずる.
 ・ワードプロセッサーを用い,A4版用紙2枚以内.
 ・マージンは,上下に30mm,左右に20mmで設定.
 ・研究題目,発表者,所属,キーワードを上段(30mm程度)に記入.
 ・本文は2段組が望ましい.