研究室の実績

◆ 過去の業績

2014

    (A)査読付国際学術誌に掲載された論文
  1. Kazuhiko Toshimitsu, Koutarou Nishikawa, Wataru Haruki, Shinichi Oono, Manabu Takao, Yuji Ohya, PIV Measurements of Flows around the Wind Turbines with a Flanged-Diffuser Shroud, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.4, pp.375-380, 2015.03
  2. (C)査読付国際会議プロシーディングに掲載された論文
  3. WENXUE WANG, Terutake Matsubara, Changhong Hu, Satoru Odawara, Tomoyuki Nagai, Takashi Karasudani, Yuji Ohya, Experimental investigation into the influence of the flanged diffuser on the dynamic behavior of CFRP blade of a shrouded wind turbine, Renewable Energy, Vol.78, pp.386-397, 2015.01.
  4. Yuji Ohya, Bluff body flow and vortex - its application to wind turbines, Fluid Dynamics Research, Vol.46, No.6, 2014.12.
  5. Masataka Motoyama, Kenichiro Sugitani, Yuji Ohya, Takashi karasudani, Tomoyuki Nagai, Shinsuke Okada, Improving the Power Generation Performance of a Solar Tower Using Thermal Updraft Wind, Open journal of Energy and Power Engineering, Vol.6, pp.362-370, 2014.10.
  6. Litao Ge, Takanori Uchida, Yuji Ohya, Spatial and Annual Variation of Offshore Wind Resource in China, Open journal of Energy and Power Engineering , Vol.6, No.6, pp.111-118, 2014.06.
  7. (B)査読付和文論文誌に掲載された論文
  8. 松島 啓二, 吉澤 壮, 大屋 裕二, 烏谷 隆, レンズ風車搭載船におけるエネルギー収支に関する研究, 風工学シンポジウム論文集, 23rd, pp.115-120, 2014.12.
  9. 本山 雅孝, 杉谷 賢一郎, 大屋 裕二, 烏谷 隆, 長井 知幸, 岡田 臣右, 熱上昇風を利用するソーラータワーの発電出力の改良, 風工学シンポジウム論文集, 23rd, pp.109-114, 2014.12.
  10. ゴルテンボット ウリ, 烏谷 隆, 大屋 裕二, ジェミソン ピーター, レンズ風車のマルチローターシステムへの応用に向けた風洞実験, 風工学シンポジウム論文集, 23rd, pp.121-126, 2014.12.
  11. LAWN Joshua, 大屋 裕二, 烏谷 隆, 風向変動を再現できる回転風洞の開発, 風工学シンポジウム論文集, 23rd, pp.361-366, 2014.12.
  12. 川久保 彰人, 大屋 裕二, 烏谷 隆, 内田 孝紀, 洋上風力発電施設における風車と浮体の干渉効果,日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集(CD-ROM), 2014, RONBUNNO.JSASS-2014-S001, 2014.11.
  13. 大園 啓太, 大屋 裕二, 烏谷 隆, 内田 孝紀, ミニ/マイクロ水力発電に適用されるレンズ水車に関する研究,日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集(CD-ROM), 2014, RONBUNNO.JSASS-2014-S002, 2014.11.
  14. 福富 翔, 大屋 裕二, 烏谷 隆, 内田 孝紀, 杉谷 賢一郎, ソーラータワーにおける上空風吸い込みに関する研究 ,日本航空宇宙学会西部支部講演会講演集(CD-ROM), 2014, RONBUNNO.JSASS-2014-S003, 2014.11.
  15. 吉田 茂雄, 吉澤 壮, 松島 啓二, 烏谷 隆, 大屋 裕二, 船舶のエネルギー収支に対する水平軸風車ならびにセクターマネジメントの効果, 太陽エネルギー, Vol.40, No.4, pp.69-76, 2014.07.
  16. (B)査読なし和文論文
  17. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いたレンズ風車およびレンズ水車とそれらのクラスタ化, 化学工学誌, 79巻, 2号, pp.106-108, 2015.02.
  18. 大屋 裕二, 漁業協調型の浮体式再生可能エネルギーファーム, マリンエンジニアリング, 50巻, 1号, pp.30-35, II, 2015.01.
  19. 内田 孝紀, 京都府太鼓山風力発電所で起きたナセル落下事故に対する数値風況面からの一考察, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.45-50, 2014.09.
  20. 内田 孝紀, 川島 泰史, 山間部における気象GPVデータを用いた簡易風況推定法の試み-阿蘇車帰風力発電所を例として-, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.31-43, 2014.09.
  21. 内田 孝紀, 川島 泰史, 沿岸部における気象GPVデータを用いた簡易風況推定法の試み-鹿児島県内の風力発電所を例として-,九州大学応用力学研究所所報,第147号, pp.15-29, 2014.09.
  22. 溝田 武人, 田北 和幸, 鳴尾 丈司, 大屋 裕二, 阿比留 久徳, 岡島 厚, スモークワイヤ法の進歩と40m/sの風洞気流中で回転するスポーツボール後流のPIV観察, 福岡工業大学エレクトロニクス研究所所報, Vol.31, pp. 25-29, 2014.10.
  23. (C)査読付国際会議プロシーディングに掲載された論文
  24. Keita Ozono, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Research on Shrouded Water Turbine with Highly Efficient Power Output, Proceedings of the eighth International Symposium on the East Asian Environment Problems (EAEP2014), 2014.12.
  25. Sho Fukutomi, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Kenichiro Sugitani, Augmentation of Wind Speed by Utilizing the Wind over Solar Tower , Proceedings of the eighth International Symposium on the East Asian Environment Problems (EAEP2014), 2014.12.
  26. Uli Goltenbott, Takashi Karasudani, Yuji Ohya, Peter Jamieson, Aerodynamic Analysis of Clustered Wind Lends Turbines, Proceedings of the eighth International Symposium on the East Asian Environment Problems (EAEP2014), 2014.12.
  27. Masataka Motoyama, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Tomoyuki Nagai, Kenichiro Sugitani, Shinsuke Okada, Improvement of Power Generation on Solar Tower by Thermal Updraft Wind, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.O-Th-2-3, 2014.07.
  28. WENXUE WANG, Terutake Matsubara, Saroru Odawara, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, EFFECTS OF THE FLANGED DIFFUSER ON THE DYNAMIC BEHAVIOR OF CFRP BLADE OF A SHROUDED WIND TURBINE, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings , pp.1-4, CD-R NO.O-Wd-18-1, 2014.07.
  29. Changhong Hu, Makoto Sueyoshi, Yusaku Kyozuka, Shigeo Yoshida, Yuji Ohya, DEVELOPMENT OF NEW FLOATING PLATFORM FOR MULTIPLE OCEAN RENEWABLE ENERGY, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.O-Oc-20-4, 2014.07.
  30. Yusaku Kyozuka, Makoto Sueyoshi, Changhong Hu, Yuji Ohya, DEMONSTRATION EXPERIMENT OF OFFSHORE WIND POWER GENERATION BY A HEXAGONAL FLOATING PLATFORM IN HAKATA BAY, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.O-WdOc-3-3, 2014.07.
  31. Yingyi Liu, Changhong Hu, Makoto Sueyoshi, Shigeo Yoshida, Yuji Ohya, DEVELOPMENT OF AN INTEGRATED ANALYSIS TOOL FOR SEMI-SUBMERSIBLE FLOATING OFFSHORE WIND TURBINE SYSTEM, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.O-WdOc-3-8, 2014.07.
  32. Keiji Matsushima, So Yoshizawa, Uli Goltenbott, Takashi Karasudani, Yuji Ohya, DEVELOPMENT OF NEXT GENERATION ECO-SHIP WITH WIND LENS TURBINE, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings,1-4,CD-R NO.P-Wd-1-11,2014.07.
  33. Tomoyuki Nagai, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, OFFSHORE ENERGY FARM EXPERIMENT WITH HIGH PERFORMANCE SHROUDED WIND TURBINES, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.P-Wd-2-11, 2014.07.
  34. Ge Litao, Yuji Ohya, Takanori Uchida, Study on energy cost of two wind-turbine generation systems, Grand Renewable Energy 2014 Proceedings, pp.1-4, CD-R NO.P-Wd-2-1, 2014.07.
  35. Tomoyuki Nagai, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Three dimensional vortex structure of a ring like object with high Reynolds number and its application to a shrouded wind turbine ,Proceedings of the Sixth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2014), 2014.06.
  36. Ye-Bonne Koyama, Yuji Ohya, Satoshi Nakano, Takanori Uchida, Tomoyuki Nagai, Flow pattern around three wind turbine generators in a triangular configuration, Proceedings of the Sixth International Symposium on Computational Wind Engineering (CWE2014), 2014.06.
  37. (E)査読なし英語論文
  38. Takanori Uchida, Validation Testing of the Prediction Accuracy of the Numerical Wind Synopsis Prediction Technique RIAM-COMPACT for the Case of the Bound Experiment-Comparison against a Wind-Tunnel Experiment-, 九州大学応用力学研究所所報, 第147号, pp.7-14, 2014.09.
  39. (F)報告書・解説等
  40. 大屋 裕二, 風レンズ技術を用いたレンズ風車およびレンズ水車とそれらのクラスタ化, 化学工学誌, Vol.79, No.2, pp.106-108, 2015.02.
  41. 大屋 裕二, 漁業協調型の浮体式再生可能エネルギーファーム,マリンエンジニアリング, Vol.50, No.1, pp.30-35, 2015.01.
  42. 大屋 裕二, 浮体式洋上エネルギーファーム―レンズ技術を利用した風力・水力の高効率取得―, 電子情報通信学会誌 , Vol.97, No.10, pp.861-862, 2014.10.


2012

    (A)査読付国際学術誌に掲載された論文
  1. Shuhei Takahashi, Yuta Hata, Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takanori Uchida, Behavior of the Blade Tip Vortices of a Wind Turbine Equipped with a Brimmed-Diffuser Shroud, Energies2012, 5, p.5229-5242, 2012.12.
  2. Yuji Ohya, Takanori Uchida, Takashi Karasudani, Masaru Hasegawa, Hiroshi Kume, Numerical Studies of Flow around a Wind Turbine Equipped with a Flanged-Diffuser Shroud using an Actuator-Disk Model, Wind Engineering, Vol.36, No.4, pp.455-472, 2012.08.
  3. (B)査読付和文論文誌に掲載された論文
  4. 長井知幸、大屋裕二、烏谷 隆, 整流板の集風体付き風車の渦形成と出力に与える効果, 風工学シンポジウム論文集, 22号, pp.413-418, 2012.12.
  5. 内田孝紀、高橋幸平、大屋裕二, レンズ風車の相互干渉に関する数値的研究, 風工学シンポジウム論文集, pp.401-406, 2012.12.
  6. 高橋周平、上野祥彦、大屋裕二,烏谷 隆, 内田孝紀、鍔付きディフューザ風車の性能に対する支持構造の後流の影響, 風工学シンポジウム論文集, pp.407-412, 2012.12.
  7. 吉澤 壮、大屋裕二、烏谷 隆、渡邉公彦、三井哲夫、玉島正裕, 自動車運搬船の空力低減に関する風洞実験, 風工学シンポジウム論文集, pp.221-226, 2012.12.
  8. 内田孝紀, GPGPUコンピューティングによる数値風況予測技術RIAM-COMPACTRの高速化―第2報 マルチGPUによる大規模計算の試み―, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36, 通巻103, pp.441-445, 2012.12.
  9. 内田孝紀、大屋裕二, 風力発電導入における風況診断の重要性-風車の故障を減らし、期待通りの発電量を得るために-, 太陽/風力エネルギー講演論文集, PP.383-384, 2012.11.
  10. 大屋裕二, レンズ風車と洋上浮体式複合ファームの紹介, マリンエンジニアリング学術講演会論文集, 82巻, pp.55-59, 2012.09.
  11. 内田孝紀, インテル次世代ハイエンドCPU「Sandy Bridge-EP」を用いたRIAM-COMPACTRのOpenMP並列風況シミュレーション―ここまできた!デスクトップPC1台による大規模計算とその高速化―, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36, 通巻101, pp.82-85, 2012.05.
  12. 内田孝紀、須田直樹、荒屋亮、川島泰史, 複雑地形上の風車サイトを対象にしたRIAM-COMPACTRによる乱流診断とSoundPLANRによる風車音予測, 日本風力エネルギー学会誌, Vol.36, 通巻101, pp.76-81, 2012.05.
  13. (C)査読なし和文論文

    (D)査読付国際会議プロシーディングに掲載された論文
  14. Hugh Griffiths, Yuji Ohya, Alessio Balleri, Kenneth Tong, Allan Al-armaghany, Takashi Matsuura, Takashi Karasudani, Measurement and analysis of the radar signature of a new type of wind turbine, 2011 IEEE CIE International Conference , Vol.1, pp.837-840, 2012.05.
  15. (E)査読なし国際会議プロシーディングに掲載された論文

    (F)報告書・解説等
  16. 大屋裕二, レンズ風車と洋上浮体式再生可能エネルギーファーム, 電設技術, NO.722, 第59巻, PP.72-77, 2013.01.
  17. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 月刊粉体技術, 第4巻, 第12号, PP.49-66, 2012.12.
  18. 内田孝紀, 地形の影響評価, 建築技術, 2012.11.
  19. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力エネルギーの利用と洋上浮体式再生可能エネルギーファーム,日本機会学会, 動力エネルギーシステム部門ニュースレター, 2012.10.
  20. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 環境管理, VOL.48, PP.18-26, 2012.09.
  21. 大屋裕二, レンズ風車を搭載した洋上浮体式複合エネルギーファーム, CIAJ JOURNAL, 第52巻, 第7号, PP.4-9, 2012.07.
  22. 大屋裕二, 風レンズ技術を用いた風力・水力の利用と洋上浮体式複合エネルギーファーム, 中小商工業研究史, 111号, 2012.07.
  23. 大屋裕二, レンズ風車とその将来展望, SC JAPAN TODAY, 通巻448号, pp.40-43, 2012.05.
  24. 大屋裕二, 風レンズ風車という新しい風力発電システム, NPO法人環境・エネルギー・農林業ネットワーク『峠を越えて』, pp.69-81, 2012.04.
  25. 大屋裕二, レンズ風車とその将来展望, SJC Japan Today, 2012.04.
  26. 大屋裕二, レンズ風車と洋上浮体複合エネルギーファーム, Biophilia電子版1, 第1巻, 第1号(通巻電子版1号), pp.44-50, 2012.04.
  27. 大屋裕二, レンズ風車と洋上浮体複合エネルギーファーム, 建設の施工企画, 第746号, pp.55-59, 2012.04.


2011

    (A)査読付国際学術誌に掲載された論文
  1. Balleri Alessio, Al-armaghany Allan, Griffiths Hugh, Tong Kenneth, Matsuura Takashi, Karasudani Takashi, Ohya Yuji : Measurements and analysis of the radar signature of a new wind turbine, 2011 IEEE CIE Interntional Conference on, Vol.1, pp.837-840, 2011年10月
  2. Griffiths Hugh, Ohya Yuji, Balleri Alessio, Tong Kenneth, Al-armaghany Allan, Matsuura Takashi, Karasudani Takashi, : Measurements and analysis of the radar signature of a new wind turbine design at X-band, IET radar sonar and Navigation, 2012, submitted.
  3. Yuji OHYA, Takanori UCHIDA, Takashi KARASUDANI, Masaru HASEGAWA and Hiroshi KUME : Numerical Studies of Flow around a Wind Turbine Equipped with a Flanged-Diffuser Shroud using an Actuator-Disk Model, Wind Engineering, Vol.36, No.4, PP.455-472, 2012年3月
  4. (B)査読付和文論文誌に掲載された論文
  5. 内田孝紀,大屋裕二 : LES技術を用いたウインドファーム風況診断―熊本県阿蘇車帰風力発電所を例として―, 土木学会論文集A2(応用力学),Vol.67特集号, 2011年9月
  6. 内田孝紀,丸山 敬,大屋裕二 : 流体工学CFDモデルを用いた連続的な風向変化の再現性について, 日本風力エネルギー学会論文集, Vol.35,通巻99, pp.7-13, 2011年11月
  7. (C)査読なし和英論文
  8. Takanori UCHIDA, Takashi MARUYAMA, Hirohiko ISHIKAWA, Masaru ZAKO and Akira DEGUCHI : Investigation of the Causes of Wind Turbine Blade Damage at Shiratakiyama Wind Farm in Japan-A Computer Simulation Based Approach-, 九州大学応用力学研究所所報, 第141号, pp.13-25, 2011年10月
  9. Takanori UCHIDA, Takashi MARUYAMA, Tetsuya TAKEMI, Yuichiro OKU, Yuji OHYA and Graham Li : Proposal of Designed Wind Speed Evaluation Technique in WTG Installation Point by Using the Meteorological Model and CFD Model, 九州大学応用力学研究所所報, 第141号, pp.1-12, 2011年10月
  10. 岡林一木,永山圭憲,原 智宏,堀 英一,大屋裕二,内田孝紀 : 複雑地形へ適用可能な非定常乱流拡散数値シミュレーション技術の開発 -風洞実験代替に向けて-, 三菱重工技報, Vol.49 No.1, pp.75-81, 2012年1月
  11. 内田 孝紀,荒屋 亮 : 実在市街地における浮力効果を考慮したガス拡散の大規模数値予測, 九州大学応用力学研究所所報, 第142号, pp.63-70, 2012年3月
  12. 内田 孝紀,荒屋 亮 : 福岡市街地を対象とした大規模数値風況予測, 九州大学応用力学研究所所報, 第142号, pp.55-62, 2012年3月
  13. (D)査読付国際会議プロシーディングに掲載された論文
  14. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Tomoyuki Nagai, Takashi Matsuura and Hugh Griffiths : Development of Shrouded Wind Turbines with Wind-Lends Technology, International Conference on Small Turbine, London, 2011年04月06日
  15. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Takashi Matsuura : A highly efficient wind turbine with windlens shroud, 13th International Conference on Wind Engineering, RAI International Exhibition & Congress Centre, Amsterdam, 2011年07月14日
  16. (E)査読なし国際会議プロシーディングに掲載された論文
  17. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Chris Takashi Matsuura and Hugh Griffith : SMALL TO MID-SIZE SHROUDED WIND TURBINE WITH WILD-LENS TECHNOLOGY, CanWEA2011, Vancouver Convention Center, Canada, 2011年10月03日
  18. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA : HUGE NUMERICAL SIMULATION OF AIRFLOW AROUND FUKUOKA CITY BY USING THE RIAM-COMPACT CFD MODEL, EAEP2011, 福岡ガーデンパレス, 2011年11月14日
  19. Nurhayati ROSLY and Yuji OHYA : WIND ENERGY POTENTIAL IN ASIAN COUNTRIES-SPECIAL ATTENTION TO MALAYSIA, EAEP2011, 福岡ガーデンパレス, 2011年11月14日
  20. Kohei TAKAHASHI, Yuji OHYA, Takashi KARASUDANI, Yusaku KYOUZUKA, Makoto SUEYOSHI : APPLICATION OF WIND LENS TURBINE TO FLOATING PLATFORM FOR WIND POWER GENERATION, EAEP2011, 福岡ガーデンパレス, 2011年11月14日
  21. Hiroki NAKAMURA and Yuji OHYA : BASIC INVESTIGATIONS OF A NEW TYPE WIND LENS TURBINE, EAEP2011, 福岡ガーデンパレス, 2011年11月14日
  22. Balleri, Alessio; Al-armaghany, Allan; Griffiths, Hugh; Tong, Kenneth; Matsuura, Takashi; Karasudani, Takashi; Ohya, Yuji : Measurement and Analysis of the Radar Signature of a New Type of Wind Turbine, Tech World, Excel Centre, UK, 2011年11月16日
  23. Alessio Balleri and Yuji Ohya : The Wind Lens: a new disruptive turbine?, UCL Bite-sized lecture, UCL、UK, 2012年2月10日
  24. (F)報告書・解説等
  25. 大屋裕二 : 風レンズ風車と風力発電、日本フルードパワーシステム学会誌, Vol.42, No.4, pp.18-21, 2011年07月
  26. 内田孝紀、大屋裕二 : GPGPUコンピューティングによる数値風況予測技術RIAM-COMPACTRの高速化, 風力エネルギー協会誌, 2011年08月
  27. 大屋裕二 : 風レンズ風車と風力発電, 九州大学学術研究都市推進機構ニュース opackめーる, vol.25, 2011年09月
  28. 内田孝紀 : 風力発電産業における数値風況予測技術の最前線,火力原子力発電,9月号,No.660, Vol.62, pp.20-25, 2011年9月
  29. 内田 孝紀,大屋 裕二,川島 泰史,猿渡 和明,西田 利彦 : RIAM-COMPACTRによるウインドリスク(地形乱流)の数値診断―愛知県渥美風力発電所を例として― , 報告書, 日本風力エネルギー学会論文集, 第35巻,通巻99,pp.14-23, 2011年11月
  30. 大屋裕二 : 風レンズのプロジェクトと風力エネルギーの有効利用, 産業と環境, pp.1-4, 2011年11月
  31. 大屋裕二、烏谷 隆、内田孝紀、クリストファー松浦、長井知幸、林田 茂、羽部 亘、経塚雄策 : 環境省平成23年度報告書「地球温暖化対策技術開発等事業」風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発, 報告書, 2011年3月


2006

  1. Daisuke KOGA, Takanori UCHIDA, Yuji Ohya, Takashi KARASUDANI:Numerical Simulation of Gas Diffusion over Real Complex Terrain, The 2nd KAIST-Kyushu University Student Joint Workshop On Aerospace Engineering in Korea, pp.26-29 (Dec, 2006)
  2. S. Okada, O. Yuji, K. Takashi, U. Takanori:Generation and Convergence of Wind Using VT-WCONVS (Vertical Type Wind CONVergence Structure), Proc. of the RENEWABLE ENERGY 2006 CD-ROM (Oct, 2006)
  3. T. Uchida, Y. Ohya:Diagnosis of Airflow Characteristics in Wind Farm by Using the Unsteady Numerical Model RIAM-COMPACT, Proc. of the RENEWABLE ENERGY 2006 CD-ROM (Oct, 2006)
  4. Y. Ohya, T. Karasudani:Development of a Shrouded Wind Turbine Generating High Output Power with the Wind-Lens Technology, Proc. of the RENEWABLE ENERGY 2006 CD-ROM (Oct, 2006)
  5. 烏谷 隆, 城野良一, 内田孝紀, 大屋裕二:安定成層下における対流混合層の発達過程とその特性, 九州大学応用力学研究所所報, 第131号, pp.25-30(9,2006)
  6. 内田孝紀, 杉谷賢一郎, 大屋裕二:九州大学伊都キャンパスにおける風観測―第二報 乱流強度分布と風力発電量の試算について―, 九州大学応用力学研究所所報, 第131号, pp.13-24(9,2006)
  7. 内田孝紀, 大屋裕二, 諏訪部哲也, 李 貫行:非定常・非線形風況シミュレータRIAM-COMPACTを用いたウィンドファーム風況診断の提案, 日本風力エネルギー協会誌, Vol.30, No.2, 通巻78, pp.101-108 (9, 2006)
  8. Takashi KARASUDANI, Hiromasa UEDA and Yuji OHYA:Evolution and Structure of the Free Convective Layer Developing Under a Water Surface, JSME International Journal, Series B, Vol.49, No.3, pp.616-620 (2006)
  9. Takanori UCHIDA and Yuji OHYA:Application of LES Technique to Diagnosis of Wind Farm by Using High Resolution Elevation Data, JSME International Journal, Series B, Vol.49, No.3 , pp.567-575 (2006)
  10. 内田孝紀, 大屋裕二, 友清衣利子, 前田潤滋:地形性強風の数値予測と格子解像度の影響, 応用力学論文集, Vol.9, pp.795-802(8, 2006)
  11. M. Hasegawa, Y. Ohya, H. Kume:Numerical Studies of Flows around a Wind Turbine Equipped with a Flanged Diffuser Shroud Using an Actuator-Disc Model, Proc. of the Fourth International Symposium on CWE 2006 CD-ROM (July, 2006)
  12. S. Takahashi, Y. Ohya, T. Karasudani, K. Watanabe:Numerical and Experimental Studies of Airfoils Suitable for Vertical Axis Wind Turbines and an Application of wind ?Energy Collecting Structure for Higher Performance, Proc. of the Fourth International Symposium on CWE 2006 CD-ROM (July, 2006)
  13. T. Uchida, Y. Ohya:Micro-Siting Technique for Wind Turbine Generator by Using Large-Eddy Simulation, Proc. of the Fourth International Symposium on CWE 2006 CD-ROM (July, 2006)
  14. T. Karasudani, H. Ueda:Experimental and Numerical Study on a Free Convection Layer Developing under a Water Surface, Proc. of the Fourth International Symposium on CWE 2006 CD-ROM (July, 2006)
  15. Y. Ohya, T. Uchida:Laboratory and Numerical Studies of Atmospheric Stable Boundary Layers, Proc. of the Fourth International Symposium on CWE 2006 CD-ROM (July, 2006)
  16. 友清衣利子, 喜多村美保, 内田孝紀, 前田潤滋:台風0423号における佐賀県小城市周辺風況のCFD解析, 九州大学大学院人間環境学研究院紀要 第10号, pp.49-56(7, 2006)
  17. 内田孝紀, 大屋裕二:安定成層流体中の地形効果とその可視化, 可視化情報, Vol.26, No.102, pp.27-33 (7, 2006)
  18. Y. Ohya, R. Nakamura, T. Uchida:Intermittent bursting of turbulence in a stable boundary layer with layer with low-level jet, Proc. of the 17th Symposium on Boundary Layers and Turbulence CD-ROM, in San Diego (May, 2006)
  19. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Akira Sakurai and Masahiro Inoue:Development of a High-Performance Wind Turbine Equipped with a Brimmed Diffuser Shroud, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.49, No.163, pp.18-24, May, 2006.
  20. 内田孝紀、杉谷賢一郎、大屋裕二:一様流中に置かれた急峻な単純地形まわりの気流性状の評価―3次元孤立峰モデルの場合―, 日本風工学会論文集, 第31巻第2号, pp.63-74 (4, 2006) 
  21. 内田孝紀, 大屋裕二, 荒谷 亮, 田辺正孝, 川島泰史:非定常・非線形風況シミュレータRIAM-COMPACTを用いたウィンドファーム風況診断, 九大応用力学研究所所報, 第130号, pp.35-52 (3, 2006)
  22. 内田孝紀, 大屋裕二:ナセル塔載の風向・風速計で測定された複雑地形上の風況特性―岬の場合―, 九大応用力学研究所所報, 第130号, pp.35-52 (3, 2006)
  23. 大屋裕二:風力発電の空気力学と集風式新型風車の開発, 第55回理論応用力学会講演論文集, pp.7-10 (1, 2006)
  24. Toshiyuki SANADA, Masatoshi FUJINO, Daisuke MATSUSHITA, Takanori UCHIDA, Hikaru MATSUMIYA, Masao WATANABE, Yoshinori HARA, Minori SHIROTA:Numerical Site Calibration on a Complex Terrain and its Application for Wind Turbine Performance Measurements, Proceedings of EWEC 2006- European Wind Energy Conference and Exhibition, pp. ( , 2006)


2005

  1. 城野良一, 烏谷 隆, 内田孝紀, 大屋裕二:対流境界層の直接数値シミュレーション―水槽実験との比較―, 第19回数値流体力学シンポジウム論文集, pp.169-19(12, 2005)
  2. 内田孝紀, 大屋裕二:種々の安定成層場における三宅島火山ガス挙動の数値シミュレーション(招待講演), 第19回数値流体力学シンポジウム論文集, pp.18-19(12, 2005)
  3. S. Takahashi, Y. Ohya, T. Karasudani, K. Watanebe:A study of airfoil design suitable for Vertical Axis Wind Turbine and an application of wind collecting structure for higher performance、The6th Japan/Korea joint Workshop on Aeronautics and Astronautics (Dec.2005)
  4. 烏谷 隆, 大屋裕二, 渡辺公彦:小型風車の応答に関する小考, 第27回風力エネルギー利用シンポジウム論文集, (11, 2005)
  5. 内田孝紀, 大屋裕二:PCクラスタを用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの実用化へ向けた検討, 日本風力エネルギー利用シンポジウム論文集, (11, 2005)
  6. 長谷川将, 大屋裕二, 烏谷 隆, 渡辺公彦:超コンパクトな集風体を用いた風レンズ風車の開発, 日本航空宇宙学会西部支部講演論文集, pp.137-140 (10, 2005)
  7. 髙橋周平, 大屋裕二, 烏谷 隆, 渡辺公彦:直線翼垂直軸型風車に適した翼型の検討, 日本航空宇宙学会西部講演論文集, pp.133-136 (10, 2005)
  8. 城野良一, 烏谷 隆, 大屋裕二, 内田孝紀:対流混合層の発達について, 日本機械学会流体工学部門講演概要集, pp.244(10, 2005)
  9. 永尾公一, 日置文章, 内田孝紀, 大屋裕二:人工的に生成された流入変動風を用いた建物周辺流れのLES, 日本機械学会流体工学部門講演概要集, pp.243(10, 2005)
  10. K.Abe, M. Nishida, A. Sakurai, Y. Ohya, H. Kihara, E. Wada and K. Sato:Experimental and numerical investigations of flow fields behind a small wind turbine with a flanged diffuser, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics 93, pp.951-970 (Oct. 2005)
  11. 大屋裕二:温度成層風洞を用いた大気境界層のシミュレーション, 風洞ワークショップ講演論文集, (9, 2005)
  12. 内田孝紀, 大屋裕二, 荒屋 亮, 田辺正孝, 川島泰史 : 風況シミュレーションのための紙地図からの高解像度地形データの構築, 九大応用力学研究所所報, 第129号, pp.135-141 (9, 2005)
  13. 内田孝紀, 大屋裕二 : 複雑地形上の非定常風況シミュレーションにおける流出境界断面の取扱いについて, 九大応用力学研究所所報, 第129号, pp.129-133 (9, 2005)
  14. 内田孝紀, 大屋裕二: 風車単体後流の渦構造解明に向けた基礎的研究, 九大応用力学研究所所報, 第129号, pp.123-128 (9, 2005)
  15. 大屋裕二, Reina Nakamura, 内田孝紀, 杉谷賢一郎 : 低層ジェットを伴う安定境界層に発生する間欠的な乱流バースト, 九大応用力学研究所所報, 第129号, pp.113-122 (9, 2005)
  16. 内田孝紀, 大屋裕二:一様流中の2次元崖状地形まわりの気流性状に関する数値的研究, 応用力学論文集, Vol.8, pp.831-838 (9, 2005)
  17. 長谷川将, 大屋裕二, 烏谷 隆, 渡辺公彦:大型化を目指した風レンズ風車の開発, 日本流体力学講演論文集, pp.193(9, 2005)
  18. 内田孝紀, 大屋裕二:風車単体後流の渦構造解明に向けた基礎的研究, 日本流体力学講演論文集, pp.59 (9, 2005)
  19. 大屋裕二:空力的考察に基づく高出力風レンズ風車の開発(招待講演)、第23回西日本乱流シンポジウム論文集(8, 2005)
  20. 大屋裕二:新型風車あれこれ-風レンズ風車, ターボ機械, 第33巻, 第7号, pp.59-62 (7, 2005)
  21. Akinori Kouchi, Kazuki Okabayashi, Hiroshi Yoshikado, Koji Kitabayashi, Shinichi Okamoto, Yuji Ohya, Yasuo Ide and Keizo Kobayashi:Development of numerical model for dispersion over complicated terrain in the convective boundary layer, Int. J. Environment and Pollution, Vol.25, Nos. 1/2/3/4, 2005, pp.48-59 (7, 2005)
  22. Yuji Ohya, Takashi Karasudani, Akira Sakurai, Kenichi Abe, Masato Furukawa and Masahiro Inoue, Development of a shrouded wind turbine with brimmed diffuser, Proc. of EXPO WCWRF 2005, CD-ROM (Jun, 2005)
  23. T.Uchida and Y.Ohya: Micro-siting Technique for Wind Turbine Generator by Using One PC-Introduction of the RIAM-COMPACT based on LES, Proc. of EXPO WCWRF2005, CD-ROM (Jun, 2005)
  24. 内田孝紀, 杉谷賢一郎, 大屋裕二 : 九州大学元岡キャンパスにおける風観測―第一報 平均的な風況特性について―, 九大応用力学研究所所報, 第128号, pp.37-51 (3, 2005)


2004

  1. 内田孝紀, 大屋裕二, 田辺正孝, 葛生和人, 橋本晃慈:風力タービン適地選定のためのコンピュータによるマイクロサイティング技術―実地形を対象にした非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTの紹介―, 日本風力エネルギー協会誌, Vol.28, No.2, pp. 46-51 (12, 2004)
  2. 内田孝紀, 大屋裕二, 鵜野伊津志:急峻な岬まわりの気流場シミュレーション―気象力学モデルCSU-RAMSと流体力学モデルRIAM-COMPACTの適用性について―, 第18回風工学シンポジウム論文集, 35-40 (11, 2004)
  3. 内田孝紀,日置文章,杉谷賢一郎,大屋裕二,田辺正孝,葛生和人,荒屋 亮,川島泰史:非定常風況シミュレータRIAM-COMPACTの開発―市街地向け小型風力タービンの候補地選定への適用―, 第26回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集,pp.263-266 (11, 2004)
  4. 渡邉康一,大屋裕二,烏谷 隆,渡辺公彦:直線翼垂直軸型風車への2次元風レンズ体(集風装置)の適用,第26回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集,pp.147-150 (11,2004)
  5. 内田孝紀,大屋裕二,田辺正孝,葛生和人,橋本晃慈:風力タービン候補地選定のためのPC1台によるマイクロサイティング技術―実地形を対象にした非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTの紹介―,太陽/風力エネルギー講演論文集,pp.89-92 (11,2004)
  6. 河内昭紀, 岡林一木, 吉門洋, 小林惠三, 北林興二, 岡本眞一, 大屋裕二, 内田孝紀, 井手靖雄:複雑地形への適用可能な拡散予測モデル開発の概要, 環境管理, Vol.40, No.10, pp.50-61 (10, 2004)
  7. 内田孝紀, 大屋裕二:人工的に生成された流入変動風を用いた建物周辺流れのラージ・エディ・シミュレーション, 九大応用力学研究所所報, 第127号, pp.95-107 (9, 2004)
  8. 内田孝紀, 大屋裕二:非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACTを用いたIntel Itanium2プロセッサとAMD Opteronプロセッサの性能評価―自動並列計算の有効性について―, 九大応用力学研究所所報, 第127号, pp.87-94 (9, 2004)
  9. 内田孝紀, 大屋裕二, 田辺正孝, 葛生和人, 橋本晃慈:実地形を対象にした非定常風況・拡散シミュレータRIAM-ACOMPACTの紹介―最新のインテルPentium4プロセッサ搭載Windows PCの製作と性能評価―, 九大応用力学研究所所報, 第127号, pp.75-86 (9, 2004)
  10. 烏谷隆, 渡辺公彦, 大屋裕二:小型・マイクロ風車の風速変動に対する応答について, 九大応用力学研究所所報, 第127号, pp.69-73 (9, 2004)
  11. 内田孝紀, 大屋裕二, 田辺正孝, 葛生和人, 橋本晃慈:風力タービン適地選定のためのコンピュータによるマイクロサイティング技術―実地形を対象にした非定常風況・拡散シミュレータRIAM-COMPACT-, 土木施工, Vol.45, No.8, pp.49-55 (8, 2004)
  12. Y. Ohya and T. Uchida:Laboratory and Numerical Studies of the Convective Boundary Layer Capped by a Strong Inversion, Boundary Layer Meteorology 112, pp.223-240 (Aug. 2004)
  13. 大屋裕二:風力エネルギーの利用-風力発電,日本物理学会九州支部2004年度夏季シンポジウム論文集,pp.16-24 (7,2004)
  14. Koichi Watanabe,Yuji Ohya,Takashi Karasudani and Kimihiko Watanabe:Development of a Wind Turbine Generating High Output Power,The Fifth Korea/Japan Joint Workshop on Aeronautics and Astronautics,Seoul National University (7, 2004)
  15. 内田孝紀, 杉谷賢一郎, 大屋裕二:一様流中に置かれた急峻な単純地形まわりの気流性状の評価―2次元尾根モデルの場合, 日本風工学会論文集, No.100, 35-43 (7, 2004)
  16. A. Kouchi, K. Okabayashi, H. Yoshikado, K. Kitabayashi, S. Okamoto, Y. Ohya, Y. Ide, K. Kobayashi:Development of Numerical Model for Dispersion Over Complicated Terrain in the Convective Boundary Layer, Proc.9th International Conference on Harmonisation within Atmospheric Dispersion Modelling for Regulatory, (Jun.2004)
  17. 大屋裕二, 烏谷隆, 桜井晃, 井上雅弘:つば付きディフューザ風車による風力発電の高出力化―第2報―, 日本航空宇宙学会論文集, Vol.52, No.604, pp.210-213 (5, 2004)
  18. 内田孝紀, 大屋裕二:風況シミュレータRIAM-COMPACTによるインテルプロセッサ搭載ハイパフォーマンスコンピュータの性能評価, 九大情報基盤センター広報, Vol.4 , No.1, pp.1-14 (2004)
  19. Kenichi Abe, Yuji Ohya:An investigation of flow fields around flanged diffusers using CFD,Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics,Vol.92,Issues 3-4,pp.315-330,(Mar, 2004)
  20. 内田孝紀, 大屋裕二:小規模なスカラー並列計算機を用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの実用化へ向けた開発, 九大情報基盤センター年報, 第4号, pp.19-30 (3, 2004)
  21. 内田孝紀, 大屋裕二:風況シミュレータRIAM-COMPACTによる拡散場のシミュレーション-その2.安定時の場合―, 九州大学応用力学研究所所報, 第126号, pp.17-22 (3, 2004)
  22. 内田孝紀, 大屋裕二:風況シミュレータRIAM-COMPACTによる拡散場のシミュレーション-その1.不安定時の場合―, 九州大学応用力学研究所所報, 第126号, pp.9-15 (3, 2004)
  23. 内田孝紀, 大屋裕二:PCクラスタを用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの開発―その2.スカラー並列計算機における経過時間の比較―, 九州大学応用力学研究所所報, 第126号, pp.1-8 (3, 2004)
  24. Y. Ohya:Drag of circular cylinders in the atmospheric turbulence, Fluid Dynamics Research 34, pp.135-144 (2004)


2003

  1. 烏谷 隆,大屋裕二,渡辺公彦,深町信尊,久米宏明,桜井 晃,井上雅弘:つば付きディフューザ風車の開発―野外実験―,第25回風力エネルギーシンポジウム講演論文集,pp.296-299 (11, 2003)
  2. 大屋裕二, 烏谷 隆, 渡辺公彦, 桜井 晃, 井上雅弘, 久米宏明:風エネルギーの集中による風力発電の高出力化―第3報中型風車への適用を目指したコンパクトタイプの開発―, 第25回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集, pp.304-307 (11,2003)
  3. 和田英一,西田迪雄,桜井 晃,安倍賢一,木原 尚,松原 学,大屋裕二:小型風車後流の速度計測,第25回風力エネルギーシンポジウム講演論文集,pp.272-275 (11, 2003)
  4. 内田孝紀, 大屋裕二:PCクラスタを用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの実用化へ向けた検討, 日本風力エネルギー協会誌, Vol.27, No.4, pp.8-11 (2003)
  5. Kim, S.H., Furukawa, M., Inoue, M., Ohya,Y.: Three-Dimensional Flow Analysis around a Wind Turbine with Brimmed Diffuser,The 7th Asian International Conference on Fluid Mechinery (Oct, 2003)
  6. 古川雅人,金 聖協,田中良和,井上雅弘,大屋裕二:つば付きディフューザ風車まわりの三次元渦流れ構造,日本機械学会流体工学部門講演会論文集,(9, 2003)
  7. 久米宏明, 大屋裕二, 他:つば付きディフューザ風車における集風体形状の最適化, 第35回流体力学講演会論文集, pp.201-204 (9, 2003)
  8. 内田孝紀, 大屋裕二:PCクラスタを用いた風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの開発―その1.種々の計算機におけるCPU時間の比較―, 九州大学応用力学研究所所報, 第125号, pp.5-20 (9, 2003)
  9. 内田孝紀, 大屋裕二:乱流境界層に埋没した急峻な孤立峰まわりの風況シミュレーション-大きな乱れを伴う流入風の場合―, 応用力学論文集, 6, pp.816-826 (8, 2003)
  10. 内田孝紀, 大屋裕二:パッシブ粒子追跡法による三宅島火山ガス挙動の可視化, 可視化情報学会論文集, Vol.23, No2, pp.58-65 (7, 2003)
  11. Y. Ohya and T. Uchida:Turbulence structure of stable boundary layers with a near-linear temperature profile, Boundary Layer Meteorology, 108・1, pp.19-38 (7, 2003)
  12. 烏谷 隆, 大屋裕二, 深町信尊, 渡辺公彦:中空構造体による集風効果, 日本流体力学会誌ながれ, 第22巻, 4号, pp.337-343 (2003)
  13. 烏谷 隆, 片山博之, 渡辺公彦:夏季海上における渦相関法に対する熱輸送効果の評価, Reports of Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University, 125, pp.1-4 (2003)
  14. 谷野忠和, 井上雅弘, 大屋裕二, 烏谷 隆, 茶木田 浩, 桜井 晃:簡易理論によるつば付きディフューザ風車の設計および性能評価―, ターボ機械, 31-2, pp.53-59 (2003)
  15. 内田孝紀, 杉谷賢一郎,大屋裕二:3次元数値モデルによる九大新キャンパスの風況予測シミュレーション―第2報 建物群まわりの風環境予測―,九州大学情報基盤センター年報, 3, pp.57-66 (2003)
  16. 内田孝紀, 大屋裕二:風況予測シミュレータRIAM-COMPACTの開発―風況精査とリアルタイムシミュレーション―, ながれ22, pp.417-428 (2003)
  17. 鳥谷 隆, 丸林賢次, 石橋道芳,渡辺公彦:対馬・志賀島における二酸化炭素の計測,九州大学応用力学研究所所報,124, pp.39-41 (2003)
  18. T. Uchida and Y. Ohya:Large-eddy simulation of turbulent airflow over complex terrain, J. Wind Eng. Ind. Aerodyn., 91, pp.219-229 (2003)
  19. 内田孝紀,杉谷賢一郎,大屋裕二:一様流中の2次元崖状地形まわりの気流性状に関する実験的研究,日本風工学会論文集, 95, pp.233-244 (4, 2003)
  20. T. Uchida and Y. Ohya:Stable stratification effect on the separated and reattaching flow behind two-dimensional topography, 九州大学応用力学研究所所報 124, pp.17-24 (3, 2003)
  21. 内田孝紀,大屋裕二:安定成層流体中の地形効果に関する数値的研究―急峻な孤立峰の場合―,九州大学応用力学研究所所報,124, pp.9-16 (3, 2003)
  22. 内田孝紀, 大屋裕二:安定成層場における山越え気流の三次元数値シミュレーション―非定常な剥離―再付着流れに対する安定成層の効果―,ながれ,22, pp.65-78 (2, 2003)


2002

  1. 大屋裕二,烏谷 隆,桜井 晃:つば付きディフューザ風車による風力発電の高出力化,日本航空宇宙学会誌,50・587, pp.477-482 (12, 2002)
  2. 大屋裕二,烏谷 隆,桜井 晃,井上雅弘,三浦徳雄:風レンズ効果(風力エネルギーの集中)による風力発電の高出力化―出力5倍のつば付きディフューザ風車の開発―,第24回風力エネルギー利用シンポジウム,pp.165-168 (11, 2002)
  3. 烏谷 隆, 深町信尊, 渡辺公彦, 大屋裕二:中空構造体を用いた集風装置による風力発電の高効率化, Reports of Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University, 第122号, pp.67-71 (2002)
  4. 大屋裕二, 温度成層風洞,ながれ,21, pp.437-446 (2002)
  5. 内田孝紀, 大屋裕二:急峻な2次元山からの非定常な渦放出に対する数値的考察,応用力学論文集,5, pp.735-742 (2002)
  6. 内田孝紀, 藤井 斉,大屋裕二:ネストグリッドを用いた複雑地形上の風況予測シミュレーション,日本風工学会誌,92, pp.135-144 (7, 2002)
  7. 大屋裕二,内田孝紀,杉谷賢一郎,渡辺公彦:リニア―な鉛直温度分布を有する安定境界層の風洞実験,九州大学応用力学研究所所報, 123, pp.53-65 (2002)
  8. R. Ohba, T. Hara, S. Nakashima, Y. Ohya and T. Uchida:Gas diffusion over an isolated hill under neutral, stable and unstable conditions, Atmospheric Environment, 36, pp.5697-5707 (2002)
  9. 井上雅弘,桜井 晃,大屋裕二:つば付きディフューザ風車の簡易理論,ターボ機械, 30-8, pp.497-502,(2002)
  10. Y. Ohya and T. Uchida:Laboratory and numerical studies of very stable boundary layers, Proc. of 15th Symp. on Boundary Layers and Turbulence, Wagenningen, pp.307-310 (2002)
  11. 内田孝紀,大屋裕二:3次元数値モデルによる九大新キャンパスの風況シミュレーション,九州大学情報基盤センター, 情報基盤センター年報, 2, pp.99-106 (3, 2002)
  12. 内田孝紀, 藤井斉, 大屋裕二:ネストグリッドを用いた複雑地形上の風況予測シミュレーション,日本航空宇宙学会論文集, submitted


2001

  1. T. Uchida, Y. Ohya:Numerical study of stably stratified flows over a two-dimensional hill in a channel of finite depth,Fluid Dynamics Research, Vol.29 No.4, pp.227-250 (2001)
  2. 林 健一,大屋裕二:二次元矩形柱の臨界断面に関する数値解析的研究(第2報),応用力学論文集,Vol.4,pp.675-682 (2001)
  3. 内田孝紀,大屋裕二:安定成層場で風下波の砕波により発生する局地強風の数値的考察,応用力学論文集 Vol.4,pp.655-664 (2001)
  4. 内田孝紀,大屋裕二:ラージ・エディ・シミュレーションによる局地的風況予測モデルRIAM-COMPACTの評価―その2.壁面せん断乱流場による計算精度の検証と実地形上の風況場解析への適用―,九州大学応用力学研究所所報第121号, pp.73-85 (2001)
  5. 内田孝紀,大屋裕二:九州大学新キャンパス移転地上の風況場に関する数値シミュレーションと風洞実験,九州大学応用力学研究所所報 第121号, pp.59-72 (2001)
  6. 烏谷 隆,内田孝紀,大屋裕二:地球大気動態シミュレーション装置の紹介,九州大学応用力学研究所所報,第120号,pp.35-39 (2001)
  7. 内田孝紀,大屋裕二:ラージ・エディ・シミュレーションによる局地的風況予測モデルの評価,九州大学応用力学研究所所報,第120号,pp.29-34 (2001)
  8. Y. Ohya:Wind tunnel study of atmospheric stable boundary layers over a rough surface, Boundary-Layer Meteorology, vol.98, pp.57-82 (2001)


2000

  1. 辰野正和,烏谷 隆,石井幸治,天本 肇,渡島 隆:風洞中におけるムービングベルトを使った車体の地面効果技法の改良,応用力学研究所所報,第199号,pp.119-122 (2000)
  2. M. Tatsuno. Y. Hamada, K. Ishi-I, H. Amamoto and T. Karasudani:Effects of interference between two circular cylinders in a tandem arrangement at the critical Reynolds number regime, Proc. 9th International Symposium on Flow Visualization, Edinburgh, No.298 (2000)
  3. 内田孝紀,大屋裕二:局地的風況予測に対するLESの適用,日本風工学会第16回風工学シンポジウム論文集,pp.59-64 (2000)
  4. 林 健一,大屋裕二:臨界断面を有する二次元矩形柱の周囲流れに関する数値解析的研究,日本風工学会第16回風工学シンポジウム論文集,pp.179-184 (2000)
  5. Y. Ohya, T. Uchida and W. Koterayama:Numerical simulation of wind system over complex terrain near shoreline, Proc. Techno-Ocean 2000 International Symposium, Kobe, pp.553-556 (2000)
  6. 大屋裕二, 烏谷 隆,内田孝紀,杉谷賢一郎、渡辺公彦,深町信尊:粗面上に発達した大気安定境界層に関する風洞実験,九州大学応用力学研究所所報,第119号, pp.103-118 (2000)
  7. 内田孝紀,大屋裕二:風工学における数値シミュレーションのための流入変動風の生成法に関する研究-その1. 一定圧力勾配により駆動される十分に発達した境界層流のLES-,九州大学応用力学研究所所報,第119号,pp.75-81 (2000)
  8. 林 健一,大屋裕二:二次元矩形柱の臨界断面に関する数値解析的研究,応用力学論文集,Vol.3,pp.721-728 (2000)
  9. 内田孝紀,大屋裕二:丘陵地形を過ぎる安定成層流の2次元数値シミュレーション-格子分解能と数値計算法の影響について-,応用力学論文集 Vol.3,729-736 (2000)
  10. Y. Ohya, T. Uchida and T. Karasudani:Wind tunnel study of various stable boundary layers : The effects of temperature profiles on SBL flow structures, Proc. 14th Symposium on boundary layers and turbulence, Colorado, pp.614-617 (2000)


1999

  1. 片山博之,濱田義勝,烏谷 隆:大村湾沿岸における大気海洋間の二酸化炭素交換量の測定,九州大学応用力学研究所所報,第117号,pp65-69 (1999)
  2. 片山博之,烏谷 隆:疎水性多孔質膜を用いた小型海洋溶存二酸化炭素分圧測定装置の開発,九州大学応用力学研究所所報,第117号,pp.53-63 (1999)
  3. H. Katayama, T. Karasudani, K. Ishii, K. Marubayashi, and H. Ueda:Development of a gas-liquid equilibrator for estimating CO2 flux at the ocean surface, Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, Vol.16, No.10, pp.1450-1455 (1999)
  4. T. Karasudani, K. Yamamura, K. Ishii and H. Ueda:Turbulence properties of a convection layer with a slip boundary condition, J. Wind Eng., No.79, pp.23-24 (1999)
  5. 内田孝紀, 大屋裕二:安定成層場で地形効果により発生する局地強風の数値的検討,応用力学論文集,Vol. 2,pp.583-592 (1999)
  6. T. Uchida and Y. Ohya:Numerical simulation of atmospheric flow over complex terrain, J. Wind Eng. Ind. Aerodyn., Vol.81, pp.283-293 (1999)
  7. Y. Ohya and T. Uchida:Wind tunnel study and DNS of stable boundary layers and convective boundary layers in the atmosphere, Proc. of the first international symposium on turbulence and shear flow, Santa Barbara, pp.589-594 (1999)
  8. Y. Ohya:Wind tunnel study of stable boundary layers and convective boundary layers, Proc. of the tenth international conference on wind engineering, Copenhagen, pp.287-294 (1999)
  9. R. Ohba, T. Hara, S.Nakamura, Y. Ohya and T. Uchida:Gas diffusion over isolated hill under neutral, stable and unstable conditions, Eouromech colloquium 391 on Wind tunnel modeling of dispersion in environmental flows, Prague, pp.31-32 (1999)
  10. 内田孝紀,大屋裕二:有限流路内の2次元丘陵地形を過ぎる安定成層流の非定常性?第2報 地面上に滑り無し条件を課した場合-,日本流体力学会誌,ながれ、18-5,pp.308-320 (1999)


1998

  1. 内田孝紀,大屋裕二:安定成層した非粘性流体中に地形効果により励起された内部重力波の数値解析,九州大学応用力学研究所所報,第85号,pp.13-22 (1998)
  2. 内田孝紀, 大屋裕二:山越え成層流の差分解析?地形形状と格子分解能の影響-,九州大学応用力学研究所所報,第85号,pp.1-12 (1998)
  3. 辰野正和,前川 悟,天本 肇,石井幸治,烏谷 隆:高レイノルズ数域における直列2円柱まわりの流れの実験,可視化情報,Vol.18, Suppl. No.2, pp.43-44 (1998)
  4. M. Tatsuno, S. Maekawa, H. Amamoto, K. Ishi-I and T. Karasudani:Flow around two circular cylinders in a tandem arrangement at the critical Reynolds number regime, Proc. 8th International Symposium on Flow Visualization, Sorrento, No.150 (1998)
  5. 薩摩林 光,佐々木一敏,鹿角孝男,鹿野正明,太田宗康,栗田秀実,村野健太郎,畑山史郎,烏谷 隆,植田洋匡:中部山岳地域における粒子状二次汚染物質の挙動,大気環境学会誌,Vol.33-5, pp.284-296 (1998)
  6. 小園茂平:アラビア半島に形成される混合層の成長に及ぼす周辺湿度の影響,第15回風工学シンポジウム論文集,pp.97-102 (1998)
  7. 内田孝紀,大屋裕二:一般曲線座標系・コロケート格子を用いた複雑地形上の安定成層流に関する風況予測,第15回風工学シンポジウム論文集,pp.131-136 (1998)
  8. 大屋裕二,深町信尊,渡辺公彦,杉谷賢一郎,小園茂平:熱線・冷線式温度流速計用の校正装置の開発,第15回風工学シンポジウム論文集,pp.227-232 (1998)
  9. S. Ozono and K. Watanabe:Flow control by a short splitter plate asymmetrically arranged downstream of a cylinder,Reports of Res. Inst. for Appl. Mech., Kyushu Univ.,Vol. 116, pp.11-17 (1998)
  10. 小園茂平,M. Nicholls,R. Pielke:砂漠に形成される混合層の成長への周辺湿度の影響,九州大学応用力学研究所所報,84号, pp.19-28 (1998)
  11. 内田孝紀,大屋裕二:差分法における幾つかの知見, 九州大学応用力学研究所所報, 第84号, pp.29-43 (1998)
  12. 内田孝紀,大屋裕二:有限流路内の2次元丘陵地形を過ぎる安定成層流のLES,応用力学論文集,Vol. 1,pp.615-624 (1998)
  13. T. Uchida and Y. Ohya:Numerical Simulation of Atmospheric Flow over Complex Terrain, Proc. of International Workshop on CFD for Wind Climate in Cities, Hayama, Japan, pp.229-238 (1998)
  14. 大屋裕二:数値地図を利用した複雑地形まわりの流れの数値シミュレーション,測量,平成10年7月号,日本測量協会,pp.27-30 (1998)
  15. Y. Ohya:Wind Tunnel Study and DNS of a Stratified Atmospheric Boundary Layer under Stable and Unstable Conditions, IUTAM/IUGG Symposium on Development in Geophysical Turbulence, Boulder, Colorado, pp.100 (1998)
  16. 大屋裕二,林 健一,三枝 卓,馬奈木謙次:上空に強い逆転層を伴う対流境界層の風洞実験,日本風工学会誌,75号, pp.25-30 (1998)
  17. 内田孝紀,大屋裕二:有限流路内の2次元丘陵地形を過ぎる安定成層流の非定常性,日本流体力学会誌,ながれ、第17巻,第1号,pp.45-56 (1998)


1997

  1. 内田孝紀,大屋裕二:DNSによる複雑地形を過ぎる安定成層流の風況予測?矩形格子系と一般曲線格子系との比較,九州大学応用力学研究所所報,第82号,pp.113-126 (1997)
  2. 烏谷 隆,石井幸治,天本 肇,辰野正和:熱線風速計の風向特性に対する補正法と2次元計測への応用,九州大学応用力学研究所所報,第82号,pp.139-143 (1997)
  3. 渋谷晴久,植田洋匡,烏谷 隆,石井幸治:強い安定成層状態での格子乱流に関する実験的研究,応用力学研究所所報,第82号,pp.127-138 (1997)
  4. M. Tatsuno and T. Karasudani:Three-Dimensional instability of the flow around an oscillating circular cylinder in a stratified fluid at rest, Proc. Int. Conference on Fluid Engineering, JSME Centennial Grand Congress, Tokyo, Vol.1, pp.519-522 (1997)
  5. Y. Ohya and N. Fukamachi:Development of a calibrator for thermo-anemometer, Proc. the third international conference on fluid dynamic measurement and its applications, Beijing, China pp.223-226 (1997)
  6. Y. Ohya, D. E. Neff and R. N. Meroney:Turbulence structure in a stratified boundary layer under stable conditions, Boundary-Layer Meteorology, Vol.83, pp.139-161 (1997)
  7. Y. Ohya, H. Hashimoto and S. Ozono:A Numerical Study of Thermally Stratified Boundary Layers Under Various Stable Conditions, J. Wind Engng and Indus. Aerod., Vol. 67 & 68, pp.793-804 (1997)
  8. T. Uchida and Y. Ohya:A Numerical Study of Stably Stratified Flows Over a Two- Dimensional Hill - Part1. Free slip condition on the ground, J. Wind Engng and Indus. Aerod.,Vol. 67 & 68, pp.493-506 (1997)
  9. S. Ozono, N. Aota and Y. Ohya:Stably Stratified Flow Around a Horizontal Rectangular Cylinder in a Channel of Finite Depth,J. Wind Engng and Indus. Aerod., Vol. 67 & 68, pp.103-116 (1997)


1996

  1. Y. Nakamura:Vortex shedding from bluff bodies and a universal Strouhal number, J. Fluids and Structures, Vol.10, pp.159-171(1996)
  2. Y. Nakamura:Vortex shedding from bluff bodies with splitter plates, J. Fluids and Structures, Vol.10, pp.147-158(1996)
  3. Y. Nakamura:Flutter of coupled bending-torsion systems with a frequency ratio close to one, J. Fluids and Structures, Vol.10, pp.47-56(1996)
  4. 種子田正俊,本地弘之,辰野正和,大屋裕二,烏谷隆,麻生茂:流れの可視化,日本流体力学会編,流体力学シリーズ4,朝倉書店 (1996)
  5. 内田孝紀,大屋裕二,小園茂平:3次元複雑地形を過ぎる安定成層流の数値シミュレーション,第14回風工学シンポジウム論文集, pp.91-96 (1996)
  6. 大屋裕二,渡辺公彦,杉谷賢一郎:大気成層流の風洞シミュレーションとその可視化,第14回風工学シンポジウム論文集, pp.79-84 (1996)
  7. S. Ozono and Y. Ohya:Simulation of Airflow in a Coastal Area with Complex Terrain, 第14回風工学シンポジウム論文集, pp.85-90 (1996)
  8. S. Ozono, N. Aota and Y. Ohya:The effect of stable stratification on the flow around a horizontal circular cylinder in a channel of finite depth, Proc. Fifth IMA Conference on Stratified Flows (Mixing and Dispersion in Stably Stratified Flows), University of Dundee, UK (1996)
  9. Y. Ohya, M. Tatsuno, Y. Nakamura and H. Ueda:A thermally stratified wind tunnel for environmental flow studies, Atmospheric Environment, Vol.30, No.16, pp.2881-2887 (1996)
  10. Y. Nakamura, Y. Ohya, S. Ozono and R. Nakayama:Experimental and numerical analysis of vortex shedding from elongated rectangular cylinders at low Reynolds numbers 200 to 103, J. Wind Engng and Indus. Aerod.65, pp.301-308 (1996)