国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy 寄付のご案内

5. 共同研究装置の概要(2022 年度 共同利用研究)

5-1. 地球環境力学分野

(1) 海洋環境実験計測装置(海洋環境シミュレーション実験棟)   (2) 海洋観測・解析システム

(1) 海洋環境実験計測装置(海洋環境シミュレーション実験棟)

問い合わせ先: 磯辺 篤彦

【 海洋環境シミュレーション水槽 】
項 目 仕 様
計測水路 (鋼製一部ガラス張り) 長さ 54 m,幅 1.5 m,高さ 2 m(標準水深 1.2 m)
送風機(軸流送風機) 順風 = 0 ~ 15 m/s
【 風洞付内部波水槽 】
項 目 仕 様
計測水路 (鋼製一部ガラス張り) 長さ 17 m,幅 0.6 m,高さ 0.8 m(標準水深 0.35 m)
送風機(多翼送風機) 順風:0 ~ 15 m/s

※ 海洋環境シミュレーション実験棟は,上記の装置の他に天井走行クレーン(2.8t)と砂濾過機付きの地下貯水槽
 (330m³)を有しています。


(2) 海洋観測・解析システム

問い合わせ先: 千手 智晴

 
海洋観測機器
  • ADCP(TRBM)
    • ADCP:Teledyne RDI 社製 Work Horse Sentinel(300 kHz, 600 kHz, 1200 kHz)
      水中に超音波パルスを発信し、水中を浮遊する散乱体(プランクトンや塵など)からの反射音波の周波数変化(ドップラーシフト)から流速を推定。
    • TRBM:Floatation 社製 AL200
      海底設置する ADCP を魚網などから保護するための器具。
  • 係留用流速計等
    • アンデラ流速計(深海用),超音波流速計(深海用),電磁流速計,切り離し装置(深海用),係留用ブイ
  • メモリー式水温塩分計
    • アレック電子製ワイパー式塩分計(数カ月以上の長期係留が可能)
  • 微細構造プロファイラー
    • シアーセンサーを用いて乱流微細構造を計測し、拡散係数などの推定に用いられる乱流エネルギー散逸率を計測。他に水温・塩分や蛍光高度も計測。
    • アレック電子製 TurboMAP-L:500m 用 / TurboMAP 5:200m 用
  • 衛星追跡 Drifter
    • GPS 位置情報をオーブコムあるいはイリジウム通信でメール送信。
    • ゼニライト社製 オーブコムブイ(ZTB-R1S4)
    • ゼニライト社製 波浪ブイ(3811095-1):GPS を用いて波浪情報(有義波高、有義波周期など)を計測。 イリジウム通信で位置と波浪情報をメール送信。
  • サリノメーター
    • Guildline 社製 PORTASAL 8410A:CTD 塩分の更正
データベース
  • フェリーによるモニタリングデータ
    • 博多・釜山間を往復する定期フェリー「かめりあ」および「ニューかめりあ」の流速データ(1997 ~)
  • HFレーダー
    • 対馬海峡東西両水道の海面から水深 2 m 程度の海流を毎時計測。毎時データ、日平均データ、月平均データ、各月調和定数を 2002 年 2 月より提供可能。
  • 係留系データほか過去の観測データ
  • DREAMSデータ
    • 東シナ海・日本海のデータ同化モデルによる海況予報・解析値データセット。ホームページ 参照
  • 潮汐データ(東アジア・東南アジア(日本海・東シナ海・南シナ海)2次元潮汐モデル 現世ならびに
    過去2万年間(1千年間隔))
数値モデル
  • RIAM Ocean Model
    • 多様なスケールの変動をシミュレーションできる3次元海洋大循環モデル。 このモデルで数値実験を行うためには、フォートランの知識が必要。 実験の要望・詳細については、担当者(広瀬)に要相談。
その他
  • 高精度 GPS の real time kinematic 解析ソフト:RTnet
    • 2周波 GPS レシーバーで受信したデータの解析ができる。

 

 

PAGE TOP