九州大学 応用力学研究所 自然エネルギー統合利用センター エネルギー変換工学分野
九州大学大学院 総合理工学府 量子プロセス理工学専攻 パワーデバイス工学

齋藤研究室


家庭やインフラ、産業、流通、通信と様々な場面において、私達の生活は電気エネルギーを使うことで成り立っており、電気使用量は増加の 一途をたどっています。加えて、環境・エネルギー問題の対策として、クリーンエネルギーである電気エネルギーの使用比率を上げることは 必須です。特に、CO2を排出しない再生可能エネルギーによる発電を増やしていくことは世界的に取り組まれています。

このような流れの中、やみくもに発電量を増やすことはできないため、発電した電気を無駄無く利用することと、発電量と使用量のバランスを取って安定利用することは不可欠です。電気エネルギーを制御により有効利用する技術として、パワーエレクトロニクスという分野があり、パワーエレクトロニクス回路において、電気エネルギー制御に用いられる半導体デバイスをパワーデバイス、もしくは、パワー半導体デバイスと呼びます。

本研究室では、低炭素社会の実現に向けてパワー半導体デバイスの研究開発を行い、新たな電力ネットワークの創生を目指しています。