次世代型アクティブセンサ搭載衛星の複合解析による雲微物理特性・鉛直流研究

科学研究費補助金 基盤研究(S)

研究課題名 次世代型アクティブセンサ搭載衛星の複合解析による雲微物理特性・鉛直流研究
研究代表者 岡本 創(九州大学応用力学研究所)
研究分担者 佐藤可織(九州大学応用力学研究所)、西澤智明 (国立環境研究所)、中川勝広(情報通信研究機構)、石井 昌憲(東京都立大学)、          杉本 伸夫 (国立環境研究所,2017-2019.03)
研究連携者 大野 裕一(情報通信研究機構)、青木 誠(情報通信研究機構)
研究期間 2017.5.31- 2022.3.31
目的 雲の物理特性は、地球放射収支や水循環と密接な関係があるが、大循環モデル(GCM)を用いた雲微物理特性の再現性はモデル間で10倍以上の開きがある。また気候変動予測の不確定性の70%程度は雲が要因であるとされる。2006年に雲レーダ搭載CloudSat衛星とライダ搭載のCALIPSO衛星による雲とエアロゾル観測が開始され、2018年以降には高スペクトル分解機能を持つドップラーライダを搭載するADM-Aeolus衛星、ドップラー雲レーダと高分解ライダを搭載するEarthCARE衛星の打ち上げが予定されている。EarthCARE衛星からは雲内部の鉛直流、雲微物理特性、雲・降水粒子の質量フラックスの抽出が、ADM-Aeolus衛星からは水平風速の鉛直分布の抽出が期待されているが、それらの抽出手法は確立していない。本課題では雲微物理・質量フラックス・鉛直流の全球分布と、水平風鉛直シア相互作用の解明を目指す。そのため、衛星観測を包含する次世代型地上観測システムの構築を行う。

最新情報

2020.02 国際学術誌Springer Series in Light Scatteringに論文が掲載されました.

2020.01 『雲と気候変動予測〜能動型地球観測センサによる雲研究の新展開~』の講演を行いました(九州大学関⻄支部同窓会).

2020.01 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2020.01 International Workshop on Vegetation Lidar and Application from Spaceで講演を行いました.

2019.12 国際学術誌Optics Expressに論文が掲載されました.

2019.12 基盤研究S課題会議を開催しました.

2019.11.27

『8th International EarthCARE Science Workshop』を開催しました(2019年11月25~27日).

2019.10 日本気象学会2019年度秋季大会で3件の成果発表を行いました.

2019.09 国際学術誌 J. Geophys.Res.-Atmosphereに論文が掲載されました

2019.09 国際学術誌 Polar Scienceに論文が掲載されました

2019.09 39th international conference on radar meteorologyで成果発表を行いました.

2019.09 第37回レーザセンシングシンポジウムで7件の成果発表を行いました.

2019.08 基盤研究S課題会議を開催しました.

2019.07 国際学術誌 Applied Opticsに論文が掲載されました.

2019.07 27th IUGG General Assemblyで成果発表を行いました.

2019.07 学術誌 J. Remote Sens. Soc. J.に3件論文が掲載されました.

2019.06 The 29th International Laser Radar Conferenceで3件の成果発表を行いました.

2019.06 6th International Symposium on Atmospheric Light Scattering and Remote Sensingで成果発表を行いました.

2019.06 学術誌 Journal of the Meteorological Society of Japanに論文が掲載されました.

2019.05 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2019.05 JpGU Meetingで3件の成果発表を行いました.

2019.04 基盤研究S課題会議を開催しました.

2019.02.19

国際学術誌Optics Express掲載論文がEditor's Pickに選ばれました.

2019.01 学術誌Scientific Online Letter on the Atmosphereに論文が掲載されました.

2019.01 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2018.11 Recent Advances in LIDAR and imaging technologies in turbid media conferenceで2件の招待講演を行いました.

2018.10 国際論文がProc.SPIEに2件掲載されました.

2018.10 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2018.10 日本気象学会2018年度秋季大会で10件の関連研究を発表しました.

2018.09 11th SPIE Asia-Pacific remote sensingで招待講演を行いました.

2018.09 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2018.09 第36回レーザセンシングシンポジウムで6件の成果発表を行いました.

2018.07 国際学術誌Journal of Applied Remote Sensingに論文が掲載されました.

2018.06

『The Seventh International EarthCARE Science Workshop』を共催しました.

2018.06 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2018.05 JpGU-AGU Joint Meetingで5件の成果発表を行いました.

2018.05 日本気象学会2018年度春季大会・極域寒冷域研究連絡会で招待講演を行いました.

2018.04.10

岡本教授が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰『 科学技術賞 (研究部門) 』を受賞しました.

2018.05 学術誌 J. Remote Sens. Soc. J.の掲載論文が論文奨励賞を受賞しました.

2018.04 国際論文がEPJ Web of Conferencesに4件掲載されました.

2018.04 CloudSat/CALIPSO Annual Science Reviewで研究を紹介しました.

2018.04

欧州地球科学連合総会(EGU General Assembly)で『雲-大気大循環ー気候研究』のセッションを共催しました.

2018.03 国際学術誌 Springer Remote Sensing/Photogrammetryに論文が掲載されました.

2018.03 国際学術誌 Atmospheric Science Lettersに論文が掲載されました.

2018.01 基盤研究Sミーティングを実施しました.

2017.11 気象研究ノートに関連研究が2件掲載されました.

2017.10 Asian conference on metrologyで5件の成果発表を行いました.

2017.10 国際学術誌 J. Geophys.Res.-Atmosphereに論文が掲載されました.

2017.10 日本気象学会2017年度秋季大会で5件の成果発表を行いました.

2017.09 CFMIP Meeting on Clouds, Precipitation, Circulationで成果発表を行いました.

2017.08 国際学術誌 Applied Opticsに論文が掲載されました.

2017.08 第35回レーザセンシングシンポジウムで7件の成果発表を行いました.

2017.07 国際学術誌 J. Quant Spectrosc Radiat Transferに論文が掲載されました.

2017.07 基盤研究S課題キックオフミィーティングを開催しました.

トップページに戻る