English

九州大学応用力学研究所 大気海洋環境研究センター 気候変動科学分野 では、社会的に広く関心が持たれている代表的な環境問題である気候変動と大気汚染の両方に関わる研究を行っています。特に、PM2.5や黄砂をはじめとする浮遊粒子状物質(エアロゾル)と雲による気候変動や、温室効果ガスを含む微量気体成分の動態に着目しています。九州大学大学院総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻 所属の大学院生や、国内外の様々なグループとともに研究を推進しています。

科学研究費補助金 基盤研究(S) 「階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価」

竹村教授のYahoo!ニュース個人サイト 「大気汚染と気候変動 科学的解説」

竹村教授の研究紹介動画

竹村教授によるSPRINTARSの解説を含む一般向け書籍「異常気象と気候変動についてわかっていることいないこと」

ニュース

2020.11.18

竹村教授が Highly Cited Researchers 2020(高被引用論文著者)に選出されました。7年連続のHighly Cited Researchers選出です。研究者の評価の主要な指標の1つが、執筆した論文が他の論文に引用された回数です。Highly Cited Researchersは、研究分野ごとに引用された回数の多い論文の著者を世界で影響力のある科学者として選出するものです。複数分野での業績を合算して評価されたCross-Field(クロスフィールド)における選出です。日本の機関に所属する研究者の7年連続の選出は、全学問分野合計25名のみです。

2020.11.16

道端助教が筆頭著者の査読論文「Snow-induced buffering in aerosol–cloud interactions」がAtmospheric Chemistry and Physicsに掲載されました。

2020.11.13

竹村教授が講義するオンライン大学講座「気候変動と大気汚染の入門」の受講登録が開始されました(2021年1月13日講義開始)。

2020.10.22

竹村教授が執筆したアジア太平洋クリーン・エア・パートナーシップ(APCAP)の政策要綱 Co-control of air pollution and surface air temperature が発行さされました。

2020.09.24

高校生向けウェブサイト「みらいぶっくー学問・大学なび」で竹村教授が紹介されました。

2020.08.06

竹村教授のインタビューが朝日新聞GLOBEのウェブサイトに掲載されました。また、インタビューの一部が含まれる8月2日付の紙面に掲載された記事も読むことができます。新型コロナウイルス蔓延による行動制限・行動変容に伴う環境変化に関する内容です。

2020.07.21

竹村教授のHighly Cited Researcherとしてのインタビュー記事が掲載されました。

2020.05.30

道端助教が筆頭著者の査読論文「Reconciling compensating errors between precipitation constraints and the energy budget in a climate model」がGeophysical Researcch Lettersに掲載されました。

2019.11.29

竹村教授に主幹教授の称号が付与されました。主幹教授は、専門分野において極めて高い業績を有し、九州大学の研究戦略の先導的な役割を担う者に付与されるものです。

2019.11.19

竹村教授が Highly Cited Researchers 2019(高被引用論文著者)に選出されました。6年連続のHighly Cited Researchers選出です。研究者の評価の主要な指標の1つが、執筆した論文が他の論文に引用された回数です。Highly Cited Researchersは、研究分野ごとに引用された回数の多い論文の著者を世界で影響力のある科学者として選出するものです。今回は複数分野での業績を合算して評価されたCross-Field(クロスフィールド)における選出です。6年連続の選出は、日本の研究者で全学問分野合計27名のみです。

2019.11.03

西日本文化賞の贈呈式が開催され、竹村教授が奨励賞を受賞しました。推薦者である九州大学・久保総長にも御出席頂き祝辞を頂きました。

2019.10.29

道端助教が日本気象学会山本賞を受賞しました。

2019.10.10

道端助教が筆頭著者の査読論文「Incorporation of inline warm rain diagnostics into the COSP2 satellite simulator for process-oriented model evaluation」がGeoscientific Model Developmentに掲載されました。気候モデルの雲に関する相互比較パッケージCOSP2に組み込む雲・降水微物理過程を診断する新しいツールの開発に関する研究です。

2019.10.09

竹村教授が西日本文化賞奨励賞を受賞することが決定しました。西日本文化賞は、西日本地域の文化の発展と向上への貢献を顕彰する伝統ある賞ですが、今回から若手・中堅対象の奨励賞が新設され、その初代受賞者となりました。受賞対象業績は「気候変動・大気汚染のシミュレーションソフトの開発」です。

2019.08.27

道端助教が日本気象学会山本賞を受賞することが決定しました。気象学分野において優秀な論文を発表した新進研究者に授与される賞です。受賞対象業績は「数値気候モデルと衛星観測の複合利用によるエアロゾル・雲・降水相互作用に関する研究」です。

2019.07.05

科学研究費補助金 基盤研究(S)「階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価」(研究代表者:竹村俊彦)のホームページを開設しました。

2019.05.21

竹村教授が共著者の論文が日本地球惑星科学連合のジャーナル PEPS (Progress in Earth and Planetary Science) の Most Cited Paper Award 2019Most Downloaded Paper Award 2019 を受賞することが決まりました。
Nakajima, T., S. Misawa, Y. Morino, H. Tsuruta, D. Goto, J. Uchida, T. Takemura, T. Ohara, Y. Oura, M. Ebihara, and M. Satoh, 2017: Model depiction of the atmospheric flows of radioactive cesium emitted from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident. Progress in Earth and Planetary Science, 4, 2, doi:10.1186/s40645-017-0117-x.

2019.04.23

竹村教授がClarivate Analyticsから 2018 Highly Cited Researcher の証書を授与されました。

2019.03.20

大学院修士課程の本田照裕さんが学業および修士論文の成績が極めて優秀であったことから九州大学大学院総合理工学府賞を受賞しました。

2019.03.14

竹村教授が筆頭著者の査読論文「Weak global warming mitigation by reducing black carbon emissions」がScientific Reportsに掲載されました。エアロゾルによる地上気温変化に関する新しい知見です。

2019.03.13

道端助教が筆頭著者の査読論文「Prognostic precipitation in the MIROC6-SPRINTARS: Description and evaluation against satellite observations」がJournal of Advances in Modeling Earth Systemsに掲載されました。気候モデルMIROCにおける降水プロセスの表現の高度化に関する研究です。

2019.02.07

竹村教授が日本学士院学術奨励賞および日本学術振興会賞を受賞しました。授賞式は秋篠宮殿下・妃殿下御臨席の下で日本学士院にて挙行されました。授賞式後の記念茶会には両殿下やノーベル賞受賞者などの多くの日本学士院会員の先生方がご同席され、両殿下とは個別にお話をさせて頂きました。

2019.01.18

江口助教が筆頭著者の査読論文「A high-level cloud detection method utilizing the GOSAT TANSO-FTS water vapor saturated band」がAtmospheric Measurement Techniquesに掲載されました。

2019.1.15

竹村教授が日本の若手研究者対象で最も権威ある日本学士院学術奨励賞を受賞することが決定しました。日本学士院学術奨励賞は、優れた研究成果をあげて今後の活躍が特に期待される若手研究者を顕彰するものであり、日本学術振興会賞の受賞者から選出される全学問分野を対象とした賞です。
過去のニュースへ
▲ページのトップへ戻る