国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

プレスリリース

  • Home
  • 広報
  • プレスリリース
 
2016 年度
2017.03.24
» web版はこちら 大気汚染質の取り込みによる黄砂粒子の形態変化過程の実時間観測に成功
鵜野 伊津志 教授 / 地球環境力学部門 大気環境モデリング分野 banner
 

2017.02.10
文部科学省「風と流れのプラットホーム」および「ポスト京」課題6Cの
合同シンポジウムを九州大学応用力学研究所にて開催

 
2016.11.29
» web版はこちら 地形起因の大気乱流が大型風車の構造強度に与える影響の評価に成功
-大規模風力発電の普及・拡大に期待-
内田 孝紀 准教授 / 新エネルギー力学部門 風工学分野 banner
 

2016.11.08
» web版はこちら 50年来のプラズマの謎に挑む -アルツィモヴィッチ予想に基づくプラズマの変形を
世界で初めて観測- 英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(電子版)」に論文掲載

稲垣 滋 教授 / 核融合力学部門 先進炉材料分野 banner
 

2016.10.07
» web版はこちら 北九州市響灘地区における大規模・洋上風力発電施設の導入に関する予備調査を実施
内田 孝紀 准教授 / 新エネルギー力学部門 風工学分野 banner
 

2016.09.26
» web版はこちら 南極海でマイクロプラスチックの浮遊が確認されたことについて
磯辺 篤彦 教授 / 東アジア海洋大気環境研究センター 海洋力学分野

2016.07.14
» web版はこちら 黄砂に取り込まれ、東アジア域を超えて日本に到達する硝酸塩の動態を解明
鵜野 伊津志 教授 / 地球環境力学部門 大気環境モデリング分野

2016.05.31
» web版はこちら 東アジア域の人的活動による窒素化合物の日本周辺海域への影響を解明
鵜野 伊津志 教授 / 地球環境力学部門 大気環境モデリング分野

2016.05.25
» web版はこちら 北極域への「すす」の輸送メカニズムを解明
- 「京」を用いた超高解像度の全球大気汚染物質シミュレーション -
竹村 俊彦 教授 / 東アジア海洋大気環境研究センター 気候変動科学分野


 
 
2015 年度
2016.01.12
プラズマの突発現象メカニズムを解明 -突発的発生の予言と核融合プラズマの制御へ-
伊藤 早苗 教授 / 核融合力学部門 高エネルギープラズマ分野
稲垣 滋 教授 / 核融合力学部門・先進炉材料分野

2015.11.13
東芝ブランド初の風車建設に九州大学の研究成果が貢献 - 風況面の安全性を確認 -
内田 孝紀 准教授 / 新エネルギー力学部門 風工学分野

2015.11.05
プラズマの新しい閉じ込め状態を発見 日米合同研究グループの成果
英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に論文掲載

稲垣 滋 教授 / 核融合力学部門 先進炉材料分野

2015.05.21
夏季の瀬戸内海上の気温や風は海洋潮汐と同期し、大潮期(満月・新月時)には
気温が低く、風が弱くなることを発見! 気象予報の精度向上に期待

岩崎 慎介 学術研究員,磯辺 篤彦 教授 / 東アジア海洋大気環境研究センター 海洋力学分野

2015.04.23
平成26年度沖合海域における漂流・海底ごみ実態調査委託業務調査結果について
磯辺 篤彦 教授 / 東アジア海洋大気環境研究センター 海洋力学分野

 

 

PAGE TOP